世界は素敵な思いで溢れている

【秘境】インドと中国の国境、パンゴンツォへ!~レー到着、1日目の行動プラン~

2016年7月1週間のインド・ラダックの旅に行きました。

インドで大ヒット映画になった

「3idiots」(きっとうまくいく)のラストシーンの場所

初めて映画を見た時、最後のラストシーンにどうしても行きたくなって、
社会人2年目の夏、
夏休みを利用して念願の秘境「ラダック・パンゴンツォ」への旅に出た。

パンゴンツォとは?

 

長は約150km、面積は604平方km
東側の3分の2は中国(チベット)に属して、西側の3分の1(約50km)はインドに属する。ウィキペディアより

インドと中国の国境、宿泊したホームステイ先30キロメートル先は中国のチベットの国境でした。

チベットの国境ギリギリの場所、インドの軍隊が行き来している場所でもありました。

今は少ないが、チベットとインドの紛争もある場所、緊張状態が続いているのも事実です。

高山病対策について調べつつ、インドラダックの旅へ!

羽田⇒バンコク⇒デリー⇒レー

バンコクで遊んで、デリーで乗り継ぎ、標高3500mレーへ!

デリーからはほぼ毎日就航しています。(約1時間位)

乗り継ぎをデリー空港内で過ごし、レーへ。
標高3500メートル、空気が綺麗で、すっきり。

デリーとは大違い・・・・(笑)

「高山病が危険!」という潜在意識&思い込みが激しく、空港に到着後、息が苦しくなるんだと思っていました。

意外と、息は苦しくありませんでした。

高山病対策についてはこちらのサイトがわかりやすくまとまっています。

まずは休養

バンコク、デリーでの乗り継ぎをしていたので、実は体も疲れているし、
標高も高く、いつもとは体調が異なります!

必ず、着いたらまず休みましょう◎

レーのホテルについて、朝食。
私は機内食を食べすぎたので・・・チャイだけにしておきました♡

標高3500M、朝はやっぱり寒いですが、
太陽が近いので、
半そで+ストール1枚ほどあれば十分です。

レーの街ぶらり散歩

商店街を歩いていたらこんなものに出会いました。

・・・・・・

 

 

うまーーーーーい!

(おなかに自信がある人は挑戦してみてください♡)

レーの街ぶらり散歩を続けること約3時間。

だんだん、疲れがたまってきます・・・

ここで、頭が痛い、息が苦しい、吐き気がする方は要注意。高山病の恐れあり。

標高は高いですが、
太陽も近いので、あまり寒くはありません。

太陽が出ているうちは。

暗くなると寒くなる&電気が少ない

ので、早めにホテルへ帰宅。

1日目の夕食はもちろんカレー!辛くはありませんでした。

マイルドで、店員さんもとっても親切。おいしく頂いて、1日目終了~!

パンゴンツォに行く前に高山に慣れるべき!

普段、3500mの標高で暮らしている人は除外しますが。

いきなり、標高が高い所に行くと高山病の可能性が高まります。
行くな!

と強くは言いませんが、せっかくの秘境の旅が高山病で終わってしまうのは悲しいですよね、、、。

なので、体調を万全にするためにも、
パンゴンツォへ向かう前に、レーで身体を慣らしておきましょう。

大体丸3日位、レーに滞在後⇒パンゴンツォ

が目安。

体力の使うスポーツなども最初は避けておいた方が良いです。

次回は、パンゴンツォに行くまでのアクティビティーを紹介します(*^^*)

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP