世界は素敵な思いで溢れている

インド女性一人旅は危険?

2012年インドでの日本人監禁事件が起こりましたよね。

この頃から以前に比べて圧倒的に日本人観光客が減少しました。

現地に駐在している日本人からも、
日本の観光客は減る一方だったと聞きました。

インド=危険

という先入観は誰にでもあると思っています。

でも、実際には治安はそんなに悪いわけではないな~という印象です。

なぜインドは危険と思われるのか??

そもそも、なぜインドは危険

とい先入観があるのでしょうか?

いくつかその発端になっているであろう出来事をピックアップします!

2012年12月16日- インドの首都ニューデリーで路線バスを装ったバスに乗り、男6人に集団レイプされた女子学生(23)が29日、入院先のシンガポールの病院で死亡した。女子大生はバスから投げ出されたが、半裸状態の彼女を周囲の人は助けもせず、病院への到着まで3時間がかかった。

 

昨年1年間の交通事故死者数が13万人を記録したインドでは、9万人以下に減った中国を抜いて、正式に世界一最悪な道路事情の国ということになりました。

性犯罪に関していうと、上記の事件だけではありません。政府も全体像を把握できておらず、正式な数字すら統計上わからない状態。

交通事情もカオスな状況。。。

それゆえに、インド=危険という印象がついてしまていますが、
確かに”安心な国”と言われるには程遠いかもしれません。

 

女性インド一人旅~危険を防ぐための心得!~

性犯罪被害から身を守るためには?

①まず夜は1人で出歩かないことを徹底するべき!

1人で歩くときは、なるべく大通りや人通りが多い場所を歩いた方が良いです。
ですが、インドは夜も明るい街であることも確か。

ギラギラしていて、夜も楽しいんですよね~!

私は誘惑に負けて、夜何度もバザール(商店街)に足を運んでいました。

旅慣れている方は、夜のインドもスイスイ歩けてしまうもの。

◆いかにも怪しいお店に入らない
◆タクシーに声をかけられても振り向かない
◆カタコト日本語を話す兄ちゃんについていかない
◆狭い路地に入っていかない
など、基本的に旅行で言われているような海外の旅の基本的なことを押さえておけば、
安心安全に夜であっても出歩くことはでいます。

むしろ、インドの都市部(デリーやムンバイ)では、現地の女性同士で夜の映画に行くことも頻繁にあります。
22時スタート、26時終了みたいな映画も多いので、
そんなに夜遅くまで??

と思う位の時間帯まで、若者は外を歩いていることも多くなっています。

ショッピングセンターも夜遅くまで賑わっています。

 

②ホテルにはカギをかける!

安宿のホテルだと、勝手に誰かが侵入してくる・・・

という話もゼロではありません。

最近はほぼ聞きませんが、念には念を!
カギは必ずしめましょう。
盗難防止のためにも!

盗難被害にあわないためには?

これもよく聞く、インドでのあるある。

盗まれている!

日本でよくやる、カバンを置いて席をレストランで確保する

海外ではまったく通用しません・・・!!!

インド人はどう解釈するかというと、
「ラッキーこれおれのもん~!!」

返して!と言っても「俺のだ」と貫き通されます。

それがiPhoneや現金くらいだったら良いものの、

パスポートだけは常に肌身離さず持ち歩いてくださいね(‘ω’)ノ

日本のパスポートは、世界で1番価値があるパスポートと言われています。

そのため、一度盗まれると、高価で売られて、悪用されてしまう・・・・
ということが頻発しています。

万が一、盗まれてしまったら、
すぐに日本大使館、領事館へ相談しに行きましょう。

まずは、盗難対策、夜の女一人歩きへの注意は最低限押さえておきましょう(‘ω’)ノ

【基本のキ】

ちゃんと守れるかどうかで、旅の楽しみ方って180度変わってしまいます。
くれぐれも、インド旅は気を付けて旅立ってくださいね(‘ω’)ノ

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP